包茎手術を受ける前に知っておくべき基礎知識

包茎手術の基礎知識

 

男性の性器は生殖機能を高めるために成長と共に亀頭が露出するものですが、亀頭の成長により自然に向ける力が弱いと完全な露出が行われず、包茎と呼ばれる状態になります。

 

日本人男性の60%が包茎と言われますが、軽度から重度までの3種類に分類されます。
軽度の物は仮性包茎と言われ、勃起時には亀頭が露出するものです。

 

中度はカントン包茎と言われ、亀頭の先端は露出していますが、それ以上皮を剥こうととすると痛みを伴い、無理に剥いてしまうと鬱血や壊死の原因となることがあります。
最も重度な真性包茎は勃起時にも亀頭の先端が出ることが無く、亀頭と皮がくっついてしまった状態になり、無理に向こうとするとカントン包茎のように、痛みやリスクを伴います。

 

共通しているのは亀頭が皮を被った状態だと垢や雑菌がたまりやすく、カントン包茎以上の症状の場合、皮の内部を洗う事すら困難な事です。

また、女性と性交渉をした際に感染症の原因となる事もあります。

 

治療としては矯正器具を使う方法、手術を受けて余分な皮を取り除く方法があります。
矯正器具は費用の負担が少ない半面、確実性に劣るのが欠点です。

カントン包茎や真性包茎も皮を少しずつ剥いてならしていくことで治すことが可能と言われていますが、根気と時間が必要で、確実に治るとも言えません。

 

手術のデメリットは費用の負担が大きい点ですが、即効性と確実性が高いのが特徴です。特に、カントン包茎、真性包茎の場合は日常生活に支障をきたす場合もあるので、手術での治療をお勧めします。

 

手術後に皮が張った感じがする等の違和感を訴える方もいらっしゃいますが、最近は手術の技術や器具が進歩していることもあり、安全性は高くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です