切らない包茎手術と切る包茎手術の違いとは!

切らない包茎手術というものは、手術費用が切る包茎手術の場合と比べても格安な上に手術自体が簡単など、切らなくてもいい条件さえ整っているのなら一番お勧めの治療法だと言えます。

ただその条件というのが仮性包茎などの包茎の程度が軽い場合という事なので、そもそもそんな軽い包茎ならば手術に来ずに放置している場合も多いですね。

 

具体的な手術法としてはクリニックにより色々な方法がありますが、大きく分けると接着剤などでくっつける方法・亀頭自体を大きくする事で常に剥けやすくする方法・医療用の特殊糸などで縫合する方法などです。

 

接着剤などでくっつける方法は、名前からも分かる通り皮を剥いた後に、その皮を根元部分で医療用の接着剤などでくっつける方法です。

これは説明を聞いても分かるようにとにかく簡単なのですが、その分すぐに戻る為に最近はあまり行われていない方法のようです。

 

亀頭自体を大きくする事で常に剥けやすくする方法は、亀頭に人体に無害なものを注入する事によって亀頭自体を大きくします。

元々包茎は亀頭が小さいために剥けにくくなっている事が原因の場合もあるので、その場合には有効な手段だと言えます。

 

医療用の特殊糸などで縫合する方法は、最近では一番よく行われている治療法ですね。ただこの手術法も縫合が外れると元にもどる場合があります。

切らない包茎手術はどの方法でも、値段は安く手術が簡単な変わりに元に戻ってしまうというリスクがあります。ここが切る包茎手術との最大の違いでしょうね。

 

そういう事などを考えれば、場合によっては切った方がそれでだいたい終わりなので、後からどうこう考えるのが邪魔くさい人にはお勧めなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です