包茎と包茎治療の基礎知識について

日本人の男性では半分以上の人が包茎であるというデーターがありますが、そう言っても本人にとっては、包茎はなかなか人には相談しにくい悩みです。恥ずかしい思いもありますし、格好わるいという意識もあるでしょう。自分が包茎であるならば治療したいと考えれることが普通です。

 

しかし、包茎にも治療が必要である包茎と必ずしも治療を必要としない包茎があります。勃起していない時に亀頭の一部または全部が包皮に隠れているものの勃起時には亀頭が露出するような包茎を仮性包茎と言い、勃起時においても亀頭が露出しないような包茎は真性包茎と言い、勃起時などに無理の包皮をめくったりすると元に戻らなくなり、トラブルになるような包茎をカントン包茎と分けています。真性包茎やカントン包茎であるならば手術などの包茎治療をしなければなりませんが、仮性包茎であれば重症でなければ包茎治療をしなくても構いません。

 

包茎治療のほとんどは手術となり、手術である以上は多少は傷跡が残ることになります。最近では切らない手術方法もありますが、適用できる症例が限られているので、医師との相談が必要になります。

 

治療費用については真性包茎やカントン包茎の治療の場合には健康保険が適用されることが多いので、それほど多額の治療費がかかることはありませんが、仮性包茎では健康保険が適用されることはありませんから、自由診療となるので、治療費は高額になります。また、真性包茎やカントン包茎でも保険適用外の治療を望むときには健康保険が適用されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です