性病は自宅で簡単に検査できる

性病とは広範囲にはヘルペス、エイズ、クラミジア、カンジダなど、性的接触によって感染するものをいいます。

性的接触、輸血などの医療行為、注射器の使いまわしによって感染します。

 

性病でないと確信が持てない相手と性的接触があり、その後下腹部に違和感があったり、だるさがでると性病にかかってしまったのではないかと不安になると思います。

献血を利用してエイズ感染を確かめる方がいるようですが、やってはいけないことです。

病院などきちんとした検査機関で検査する必要があります。

 

しかし、エイズかもしれないと思うと病院に行く勇気がなかなかでません。周りに知られる心配もあります。
そのような方のために自宅でできる検査キットが販売されています。人に知られずに検査ができます。

 

検査キットにはさまざまなものがあり、エイズのみ、クラミジアのみなど特定の疾患を確かめるものや、エイズ・梅毒・クラミジア・カンジダ・C型肝炎など複数を検査できるキットもあります。

 

検査キットには血液採取キットや尿検査キットなどが同封されています。

血液は器具の針を押し当てて簡単に採取できます。

少しにじんだ血液を試験紙に押し当てるだけで、自宅で簡単に行えます。尿はカップにとり、保存容器に指定の量を移し替えます。

 

これらを検査依頼書などと一緒に封筒に入れてポストに投函すると検査をしてもらえます。検査結果は郵送、電話、匿名のメールなどから選べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です