カテゴリー別アーカイブ: 仮性包茎治療の基礎知識

遅漏の人は結構大変

早漏で悩んでいる男性はたくさんいると言われていますが、実はその逆の遅漏で悩んでいる男性もたくさんいます。すぐに射精してしまう早漏となかなか射精できない遅漏、女性にとってどちらが嫌かといえば、遅漏の方が嫌という女性の方が多いと言われています。

 

そんな遅漏の原因はマスターベーションで激しい刺激を与えてしまうことだと言われています。激しい刺激に慣れてくると、もっと激しく刺激しないと快感を感じなくなってくると言われています。
ですので女性の膣内ではなかなか強い刺激を感じることができずずっと射精できない遅漏になるということです。
これを直すことはなかなか難しいと言われています。強い刺激を受けないと快感を感じないように頭が覚えているためです。またこれを治療するような薬もありません。

 

ですので遅漏の人の対処法としては夜の営みの前に、数日間禁欲することをオススメします。こうすることで射精しやすくなります。
また挿入の前に射精感をある程度高めておくというのもオススメです。射精感が高まった状態で挿入すると比較的早めに射精できます。
もう一つは心理的な要因で、自分が遅漏でなかなか射精できなかったらどうしようと考えていると、本当になかなか射精できないという側面もあります。

 

ですので遅漏の人はできるだけ不必要なマスターベーションの回数を減らすことも大事です。これ以上遅漏ひどくならないようにすることを心がけましょう。

本気で早漏を治すには

人には決して話せない男性にとってのコンプレックス第一位は「早漏」です。

 

実に多くの男性が惱まされているようです。自分は「早漏かも?」と感じている人の中にはAV男優と自分を比べてしまい勘違いしてしまっているケースも多いようです。

ですがここは男として彼女や奥さんを満足させるためにも早漏対策を頑張りましょう。

 

まずは基本中の基本、行為中に別の事を考えるというオーソドックスな方法がおススメです。

目の前に素敵な女性がいれば興奮してしまうのも分かりますが、グッと抑えて頭半分くらいの意識で目の前の彼女を楽しませる事に集中してみてください。

 

普段のオナニー中も半分違う事を考えて射精までの時間を延ばす、亀頭部をより刺激する仕方に替える、射精する瞬間に止めるなど自分に合う方法を探してみてください。

 

もう一つは早漏対策コンドームを使用し刺激を和らげるという対策法です。

通販で簡単に手に入れる事が出来いざという時のお守りに持っておくのもいいかもしれません。

 

同じく通販で手に入るサプリメントもおススメです。

バイアグラなど医薬品もあり効果はてきめんですが医師による処方が必要で治療費もかさみます。

 

副作用もあります。

サプリメントは即効性はありませんが体質から改善でき副作用も少ないです。滋養強壮、精力増強、増大効果など自分の悩みに合ったものを選びましょう。

 

早漏を克服する何より大切な事は、少しずつでも努力を積み重ねていき自分に自信を持って女性と接せられるようになる事なんですよね。

包茎手術は受けた方がいい!

包茎手術は悩んでいるなら絶対に受けた方がいいです。

真性包茎であれば、病気になることも多いので、手術は必須だと思います。

 

匂いも半端ないことになりますので、早急にクリニックに相談をして受ける必要があります。

 

問題なのは、仮性包茎です。私はこの仮性包茎でした。

 

実際、仮性包茎であれば、手術しなくても生きていくことは出来ます。

手を使えば剥くことはできます。セックス時も、勃起すれば剥けた状態を維持することができますので、支障はありません。

 

私もずっと、手術せずに過ごしてきました。しかし、かなり不便は感じていました。

男同士で裸になる機会がありますよね。

 

例えば、旅行時での温泉などの時です。やはり包茎だと、恥ずかしいのです。

ずる剥けの友達のモノを見たりすると、なぜだか自分がいけないみたいな感じになり、恥ずかしいのです。

 

また包茎の場合、すぐにカスが溜まります。そして匂いもきつくなります。

 

女性とデートしている時など、すぐにエッチしたいと思う時も、匂いのことが気になって強気にいけなくなるのです。

シャワーを浴びないといけないしとか考えていると、性欲も萎えてきてチャンスを逃してしまうことになるのです。

 

それで手術を受けることにしました。

ネットで評判のいいクリニックを選んでいったところ、費用も10万円ほどで出来ましたし、日帰りでできます。

 

仕事帰りなどにサクっと受けて帰ることも出来ます。

それで、不便の生活からおさらば出来ました。今では、友達との旅行も、女性との関係もかなり良好になりました。包茎は手術して本当に良かったと思いました。

包茎手術をする場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

言うまでもないことですが、包茎手術というのは非常にデリケートな手術です。
男性の性器をいじる手術なのでデリケートなのは当然なのですが、そのデリケートさと気恥ずかしさゆえに、いくらかかるのかという点はあまり知られていません。

 

ではこの包茎手術というもの、いったいどれくらいの費用がかかるものなのでしょうか。

結論から言えば、包茎手術の費用は、だいたい3万円から20万円くらいです。
なぜこれだけ費用が違うのかというと、包茎が仮性なのか、それとも真性なのか、どういう方式の手術をするのかによって、手術の手間や保険適用の有無がかわってくるからです。

 

ちなみに同じ包茎手術でも、真性包茎やカントン包茎を手術する方が、仮性包茎を手術する方よりも安くつきます。
なぜなら、真性包茎やカントン包茎の場合、日常生活に不便をきたすので、保険適用による手術が認められることがあるからです。

 

逆に仮性包茎の場合、そのまま放置しても日常生活を送る上で不便はないので、(要するに整形手術のようなものなので)保険が適用できずに高くつきます。

なので、手術を受ける人の包茎度合いが軽い(仮性包茎)である場合、それなりの手術費用がかかることを覚悟しておきましょう。

 

また、包茎手術の場合、施術費用が安いクリニックを選んだり、何らかのキャンペーンを利用することで、かかる費用を減らすことが可能です。

ですので、費用を出来るだけ抑えたいなら、キャンペーンをしているクリニックを探すなどの努力をしてみるとよいでしょう。

包茎と包茎治療の基礎知識について

日本人の男性では半分以上の人が包茎であるというデーターがありますが、そう言っても本人にとっては、包茎はなかなか人には相談しにくい悩みです。恥ずかしい思いもありますし、格好わるいという意識もあるでしょう。自分が包茎であるならば治療したいと考えれることが普通です。

 

しかし、包茎にも治療が必要である包茎と必ずしも治療を必要としない包茎があります。勃起していない時に亀頭の一部または全部が包皮に隠れているものの勃起時には亀頭が露出するような包茎を仮性包茎と言い、勃起時においても亀頭が露出しないような包茎は真性包茎と言い、勃起時などに無理の包皮をめくったりすると元に戻らなくなり、トラブルになるような包茎をカントン包茎と分けています。真性包茎やカントン包茎であるならば手術などの包茎治療をしなければなりませんが、仮性包茎であれば重症でなければ包茎治療をしなくても構いません。

 

包茎治療のほとんどは手術となり、手術である以上は多少は傷跡が残ることになります。最近では切らない手術方法もありますが、適用できる症例が限られているので、医師との相談が必要になります。

 

治療費用については真性包茎やカントン包茎の治療の場合には健康保険が適用されることが多いので、それほど多額の治療費がかかることはありませんが、仮性包茎では健康保険が適用されることはありませんから、自由診療となるので、治療費は高額になります。また、真性包茎やカントン包茎でも保険適用外の治療を望むときには健康保険が適用されません。

男の自信を取り戻せ!

男らしさは中身!というのはもちろんですが、中身は男としての自信からくるものです。

特に男の自信と言えばペニスの大きさと増大力と持続力です。

でもペニスが小さかったり細かったり、大きくならなかったりだと男としての自信ももちろんですが、恋人等のパートナーがいる場合は相手に対しても気を使うものです。

 

一生このまま…

なんて落ち込んでいる男性には朗報があります。

 

実はこの悩みは治療で解決します!

薬剤を注入することで大きなペニスを形成できます。

サプリメントで気を長く大きくしていくという方法もありますが、薬剤や自分の脂肪を注入すれば面倒な事なくペニスを大きくできます。

 

かなり個人的な悩みなのでなかなか他人に相談してどうにかなるというものでもありませんが、どうせならクリニックや美容外科へ相談するのが一番です。

相手もお客様として親身になって相談にのってもらえますし、相談だけなら無料で電話相談できるところもあるので少しでも気になるのであればオススメです。

 

気になるのはやはり金額ですが、大体4万円くらいから12万円くらいまででできます。

この金額なら、少しの貯金でできるのであまり気負いなくできます。

 

しかも時間はたったの10分から15分で、2週間もすればセックスは可能なのです。

これならパートナーにも相談しやすく少しの時間とお金で自信が持てます!

もちろん持続はどのくらいなのか、アフターケアはどうなのか?というのはきちんと調べておきましょう。

真性包茎でも希望はある。諦めるな!

私は真性包茎で、高校生を卒業する頃まで包皮を剥くことが出来ませんでした。

インターネットで様々調べましたが、仮性包茎は日本人なら普通だが、真性包茎は必ず手術を受けないといけないという事実を突きつけられました。

 

思春期を超え、エッチをすることが不思議ではない年齢になると真性包茎であるという事実はとてつもない足枷でした。

しかし、高校を卒業する頃には真性包茎である私も興奮状態になると僅かに包皮が広がり、亀頭の先端が見えるようになりました。

 

もちろん痛くて剥くことは出来ませんでしたが、勃起していない状態で、包皮の先端部分を痛くない程度に何度も剥くうちに、包皮から完全に亀頭を出すことが出来るようになりました。

 

しかし、剥いたまま勃起すると痛いです。

やはり完全に治療するには手術しかないのだと痛感はしましたが、亀頭を完全に剥いた状態に出来たことで衛生面が向上しました。

 

毎日お風呂で亀頭を石鹸を使ってこする様にしています。

剥いてみて初めて分かることですが、これまで包皮越しでしか刺激を受けていなかった亀頭の敏感さはとてつもないです。

 

初めは痛みで包皮の中に納めたくて仕方なかったです。

納めずにパンツを履こうと頑張ったことも何度かありますが、包皮が腫れるばかりで効果はありません。

 

やはり、毎日お風呂で少しずつ慣らしていくしかありません。

現在29歳ですが、今となってはエッチの経験もたくさんあります。

 

気兼ねなくエッチ出来るほど感知してはいません。

やはり完全に治療するためには手術しかないのかもしれません。

 

ただ、エッチの経験を持てたことはやはり大きな糧となっています。

包茎治療は安いクリニックでも問題なし!おすすめクリニックは?

包茎に悩んでいる男性は非常に多く、軽度の方から重度の方まで個人差があります。

そんな悩みを抱えている方が気になるのが包茎治療ですよね。包茎治療はクリニックによって料金の設定がマチマチなので、激安のところもあればそうでないところもあります。

 

できれば治療費は抑えたいものの、安いクリニックでの治療は「性感帯がなくなってしまうのではないか?」「手術跡が残ってしまうのではないか?」など心配してしまいますね。

 

 

包茎治療は安いところでは2万円代から可能なクリニックがありますが、安い理由は主に切らない治療をするからです。

切らない治療法とは包皮を糸を使って根元部分に固定して、癖をつけさせるという治療方法です。

 

しかもこの安い料金で包茎の治療ができるのは、全ての包茎が対象ではなく、仮性包茎の場合のみです。真性包茎の場合はもっと料金が高くなります。

 

料金が安くても、性感帯がなくなったり、傷跡が目立ったりするようなクリニックであれば、すぐに潰れてしまいますから、現状そのような雑な治療を行うクリニックはないと考えて間違いありません。仮性包茎の方は、料金設定が安いクリニックで費用を抑えましょう。

 

包茎治療でおすすめのクリニックは東京ノーストクリニックです。

こちらは包茎治療の料金も3万円代と安く済みますし、治療を受けた場合には、往復の交通費も負担してくれるので、遠方の方でも安心して通うことができます。

 

包茎専門クリニックとしての25年の実績とノウハウがあるので安心ですよ。

切らない包茎手術と切る包茎手術の違いとは!

切らない包茎手術というものは、手術費用が切る包茎手術の場合と比べても格安な上に手術自体が簡単など、切らなくてもいい条件さえ整っているのなら一番お勧めの治療法だと言えます。

ただその条件というのが仮性包茎などの包茎の程度が軽い場合という事なので、そもそもそんな軽い包茎ならば手術に来ずに放置している場合も多いですね。

 

具体的な手術法としてはクリニックにより色々な方法がありますが、大きく分けると接着剤などでくっつける方法・亀頭自体を大きくする事で常に剥けやすくする方法・医療用の特殊糸などで縫合する方法などです。

 

接着剤などでくっつける方法は、名前からも分かる通り皮を剥いた後に、その皮を根元部分で医療用の接着剤などでくっつける方法です。

これは説明を聞いても分かるようにとにかく簡単なのですが、その分すぐに戻る為に最近はあまり行われていない方法のようです。

 

亀頭自体を大きくする事で常に剥けやすくする方法は、亀頭に人体に無害なものを注入する事によって亀頭自体を大きくします。

元々包茎は亀頭が小さいために剥けにくくなっている事が原因の場合もあるので、その場合には有効な手段だと言えます。

 

医療用の特殊糸などで縫合する方法は、最近では一番よく行われている治療法ですね。ただこの手術法も縫合が外れると元にもどる場合があります。

切らない包茎手術はどの方法でも、値段は安く手術が簡単な変わりに元に戻ってしまうというリスクがあります。ここが切る包茎手術との最大の違いでしょうね。

 

そういう事などを考えれば、場合によっては切った方がそれでだいたい終わりなので、後からどうこう考えるのが邪魔くさい人にはお勧めなのかもしれません。

包茎手術を受ける前に知っておくべき基礎知識

包茎手術の基礎知識

 

男性の性器は生殖機能を高めるために成長と共に亀頭が露出するものですが、亀頭の成長により自然に向ける力が弱いと完全な露出が行われず、包茎と呼ばれる状態になります。

 

日本人男性の60%が包茎と言われますが、軽度から重度までの3種類に分類されます。
軽度の物は仮性包茎と言われ、勃起時には亀頭が露出するものです。

 

中度はカントン包茎と言われ、亀頭の先端は露出していますが、それ以上皮を剥こうととすると痛みを伴い、無理に剥いてしまうと鬱血や壊死の原因となることがあります。
最も重度な真性包茎は勃起時にも亀頭の先端が出ることが無く、亀頭と皮がくっついてしまった状態になり、無理に向こうとするとカントン包茎のように、痛みやリスクを伴います。

 

共通しているのは亀頭が皮を被った状態だと垢や雑菌がたまりやすく、カントン包茎以上の症状の場合、皮の内部を洗う事すら困難な事です。

また、女性と性交渉をした際に感染症の原因となる事もあります。

 

治療としては矯正器具を使う方法、手術を受けて余分な皮を取り除く方法があります。
矯正器具は費用の負担が少ない半面、確実性に劣るのが欠点です。

カントン包茎や真性包茎も皮を少しずつ剥いてならしていくことで治すことが可能と言われていますが、根気と時間が必要で、確実に治るとも言えません。

 

手術のデメリットは費用の負担が大きい点ですが、即効性と確実性が高いのが特徴です。特に、カントン包茎、真性包茎の場合は日常生活に支障をきたす場合もあるので、手術での治療をお勧めします。

 

手術後に皮が張った感じがする等の違和感を訴える方もいらっしゃいますが、最近は手術の技術や器具が進歩していることもあり、安全性は高くなっています。